ラブ探偵事務所 Official Site

群馬県太田市の横山ゆかりちゃん誘拐事件

あなたのポチッとが励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

風化させてはならない誘拐事件

今現在も1人の女の子が行方不明となっている忘れてはならない略取誘拐容疑事件がある。

その事件が起こったのは1996年7月7日午後1時45分頃のこと。

両親と次女と共に群馬県太田市内のパチンコ店に来店していた長女の横山ゆかりちゃん(当時4歳)が、1人で店内で遊んでいるうちに行方不明となったのだ。

両親がパチンコに熱中して目を離した短時間の出来事だった。

今回は、この「横山ゆかりちゃん誘拐事件(以下、ゆかりちゃん事件と表記する。)」の風化を防ぐため、この事件についてご紹介したいと思う。

 

ゆかりちゃん事件の概要

1996年7月7日 AM10:00頃

横山さん夫妻は長女であるゆかりちゃん(当時4歳)と次女(当時7ヶ月)を連れ、群馬県太田市の国道354線沿いに所在するパチンコ店「パチトピア」に来店する。

当日、同店舗では「七夕感謝デー」と称するイベントが開催されており、それを知った両親が子供2人を連れて来店したらしい。

同店舗内では、両親はそれぞれ一列ちがいのパチンコ台に座り、遊戯を始める。
その際、奥さんは次女を背負っていたという。

一方、ゆかりちゃんは暇つぶしに同店舗内を歩きながら遊んでおり、時折両親のもとへ来たり、景品コーナーを眺めていたりしていたという。

 

PM00:00頃

奥さんがパチンコ店内で弁当を購入し、ゆかりちゃんと次女を連れ駐車場に駐車していた車両内で食べる。
その際、ゆかりちゃんは少し食べただけで「いらない」と言ったという。

その後、奥さんは同店舗内へ戻り、遊戯を再会する。
この時の状況も午前中と同様で、奥さんが次女を連れ、ゆかりちゃんは同店舗内を歩きながら遊んでいた。

 

PM01:27頃

重要参考人の男がパチンコ店へ入店する。

 

PM01:40頃

ゆかりちゃんが「もう一度食べたい」と奥さんのパチンコ台にやってきたため、奥さんはゆかりちゃん・次女と共にパチンコ店出入口付近に設置されている長椅子へ移動、ゆかりちゃんに弁当を持たせ、再びパチンコ代に戻る。

その際、旦那さんは長椅子に座っているゆかりちゃんを目撃している。

 

PM01:40頃~01:50頃までの約10分間

パチンコ台で遊戯する奥さんのもとへゆかりちゃんがやってきて「・・・・のおじちゃんがいるよ。」と伝えたが、パチンコ店内に鳴り響く音にかき消され、よく聞き取れなかったという。

この際、「おじちゃん」という言葉を聞き取った奥さんはゆかりちゃんに対して、「ちゃんと座っててね。」「ついてっちゃだめよ。」と伝えている。

 

PM01:50頃

奥さんがパチンコ店内にゆかりちゃんの姿が見えないことに気づき、先程までゆかりちゃんが座っていた長椅子を確認すると、食べかけのおにぎりとジュースのみが残されており、ゆかりちゃんの姿は見受けられなかった。

奥さんは「ゆかりがいない」と旦那さんに伝えた際、旦那さんは慌ててパチンコ店より飛び出したという。

PM02:10頃

パチンコ店の駐車場や隣接する国道など、周辺を捜索したがどこにもゆかりちゃんの姿は見受けられないため、近隣に所在する駐在所へ駆け込んでいる。
しかし、同駐在所は不在であったため、すぐに群馬県太田警察署へ「子供がさらわれた」と通報した。

 

1996年7月9日 AM08:00頃

ゆかりちゃん事件の発生から2日後には、機動隊70名を動員して広範囲な捜索を行っているが発見には至っていない。

警察によるパチンコ店の来店客や周辺などの聞きこみ捜査では、ゆかりちゃんが失踪した同時刻に「白い乗用者に4歳くらいの女の子が乗りこんだ」という目撃証言もあったという。

しかし、その他の目撃証言はまったくなく、大勢の大人が出入りして遊戯を楽しんでいるパチンコ店では、誰一人としてゆかりちゃんの様子を見ている人がいなかった。

 

重要参考人の特徴とは?

この「ゆかりちゃん事件」では、パチンコ店の防犯カメラが事件発生当初の店内の様子を動画で残しており、ゆかりちゃんと重要参考人の男の姿や行動を映し出している。

1996年12月6日、警視庁の化学警察研究所やビデオ専門業者に依頼した解析結果をもとに重要参考人のイラストを描いたポスターも公開された。

また、事件発生当時は非常に粗い画質だったが、映像加工技術が進歩した近年になり防犯カメラの画像が鮮明化されるなどして新たに公開されている。

この「ゆかりちゃん事件」で重要参考人となっている男は帽子を被ってサングラスをかけており、ゆかりちゃんが行方不明となる直前にパチンコ店内でゆかりちゃんに声をかけていたのだ。

 

重要参考人となっている男の公開動画

 

重要参考人の特徴

重要参考人の男は非常に特徴のある職人風の服装であり、会社員などには見えない。
しかし、この特徴などから変装という見解もあることから、インターネット上などでは「ルパン」とも呼ばれている。

 

身長158cmくらい

白系シャツ

黒色ジャンパー(肩部分ライン入り)

裾が絞られたニッカーポッカ風ズボン

サンダル

帽子

サングラス

特徴的な歩き方

がに股

左脇を絞めるような姿勢

鼻がかなり高い

頬骨が張っている

顎がやや突き出ている

頬がこけている

 

当時のパチンコ店の店員は、この重要参考人の男に対して一見の客と証言しているが、非常に慣れた様子で同店舗内を徘徊する動画などから、本当に一見の客であったのかなどの特定には至っていない。

 

今も情報提供を求めてます

今年もまた7月7日となり、「ゆかりちゃん事件」の発生から長い月日が経過している。

現在まで群馬県警太田警察署捜査本部員やボランティアらが、群馬県太田市内のショッピングセンターでチラシを配ったりしながら、今もなお情報提供を呼びかけている。

 

2015年7月5日 共同通信社

群馬、ゆかりちゃん情報求める 不明から19年

1996年7月に群馬県太田市のパチンコ店で横山ゆかりちゃん=当時(4)=が行方不明になって7日で19年になるのを前に、太田署捜査本部員やボランティアらが5日、市内のショッピングセンターでチラシ約千枚を配り、情報提供を呼びかけた。

ゆかりちゃんの母親(49)が配布の前に「皆さまの協力が必要なのでよろしくお願いします」と涙ながらにあいさつ。参加した約100人がゆかりちゃんの写真や特徴が掲載されたチラシを買い物客に手渡した。

県警はパチンコ店の防犯カメラに写った不審な男を「重要参考人」として行方を捜査している。

 

警察も公開捜査

群馬県警察の公式ホームページでは、下記の映像・チラシ・似顔絵なども公開されているので参考にしてもらいたい。

 

1.ゆかりちゃん事件の概要映像『白昼の死角』

 

2.ゆかりちゃん事件のポスター

群馬県の横山ゆかりちゃん誘拐事件

 

3.現在の横山ゆかりちゃん推定似顔絵

群馬県の横山ゆかりちゃん誘拐事件

 

周辺で4件の未解決少女殺害事件

「ゆかりちゃん事件」が発生した群馬県太田市と隣接する栃木県足利市では、1979年から1990年にかけて4人の幼い少女が誘拐された後に殺害されている。

「ゆかりちゃん事件」とこの4件の事件は、すべてが未解決でありこの内3件の連れ去り現場がパチンコ店であるなどの類似点もあるのだ。

ゆかりちゃんの父は、この5つの事件が「同一犯の可能性もある」として他の4件の家族に呼びかけ、「足利・太田連続未解決事件家族会」を結成している。

世間が七夕でにぎわう7月7日でまた1年という月日が流れてしまう・・・。
一刻も早いゆかりちゃんの保護を切に願っている。

 

目撃情報をお持ちの方は下記へ!

 

群馬県警察 太田警察署 

0120-889-324

 

千葉県松戸市の「ラブ探偵事務所」現役調査員L