福岡高裁、長崎ストーカー殺人、二審も死刑判決

~こんな探偵のブログをシェアしてみませんか?~

あなたのポチポチが励みになります( ´∀` )
あなたのポチポチが励みになります( ´∀` )
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ探偵・調査 ブログランキング

2011年12月、長崎県西海市で、

ストーカー被害を訴えていた

元交際相手の母と祖母が殺害された事件で、

殺人脅迫などの罪に問われ

一審長崎地裁死刑判決受けた

三重県桑名市
無職・T被告(29)控訴審判決

2014年6月24日に福岡高裁であった


古田浩裁判長は、

一審長崎地裁で行われた裁判員裁判死刑判決を支持し、

同被告側控訴を棄却する判決を言い渡した


2013年6月の一審判決は、

同被告千葉県内で同居していた女性が

家族に連れ戻されたと思い込み、

家族を殺して女性を取り返そう

2011年12月西海市の女性の実家で

母(当時56)と祖母(当時77)を、

出刃包丁で複数回刺して殺害したと認定している

そして、

「2人の命が理不尽に奪われ、

結果は重大。計画性も高い」とし、

求刑通り死刑を言い渡したのだが、

同判決後に同被告控訴していた

弁護側一審で争った責任能力については、

同被告「自分には責任能力がある」と話したため、

控訴審では争点にしていないという

同被告

「僕は、はめられた。真犯人は別にいる」と述べ、

一審に続いて無罪を主張しており、

弁護側

「捜査段階の自白は警察官から脅迫を受けており、

任意性、信用性がない。

仮に有罪を認定したとしても一審判決は重すぎる」

として死刑判決の破棄を求めた

一方、検察側

「捜査は適法で、自白の任意性、信用性を認めた

一審判決の判断に誤りはない。死刑の選択も正当」

などと反論し、控訴棄却を求めていた

同事件では、

ストーカー被害を訴えていた女性が

同被告と同居していた千葉県

同被告の実家がある三重県

事件が発生した長崎県と、

3県警が関わっており、

県警同士の連携不足も指摘された

その後、2013年に「ストーカー規制法」

改正されるきっかけにもなっている

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストーカー被害にお困りならラブ探偵事務所



浮気調査6,000円からのラブ探偵事務所

各種調査のご相談はラブ探偵事務所へ

電話で24時間無料相談 0120-783-132

メールで24時間無料相談

ラブ探偵事務所公式サイト

最後まで読んでくれてありがとう(;^_^A
最後まで読んでくれてありがとう(;^_^A
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ探偵・調査 ブログランキング
ブログサークル ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ラブ探偵事務所公式LINE@公式アカウント