急増するストーカー被害者の一時保護

シェアしてくれると嬉しいです!

近年、全国の婦人相談所

ストーカー被害者一時保護するケース

増加傾向あることが、

都道府県に実施したアンケート調査で分かった


深刻なストーカー犯罪が相次ぐ中、

2012年度以降でストーカー被害者

一時保護するケースは少なくとも

計165件に上っており、

2013年施行された「改正ストーカー規制法」

被害者支援拠点に位置付けられた婦人相談所が、

「駆け込み寺」的なものとして

国民に浸透してきたことも示している


同アンケート調査は9月、

婦人保護事業などの担当部署

ストーカー被害者支援について質問し、

全都道府県が回答したという

一時保護件数は、

非公開の自治体や統計のない自治体もあるが、

回答によると2012年度は27件

2013年度は88件

2014年度は集計済みだけで50件となっており、

年々増加傾向にある

一方、

ドメスティックバイオレンス(DV)被害者らも

受け入れる婦人相談所では、

今後もストーカー被害

一時保護や相談が増える場合には

「対応が困難」11都県が回答しているという

この数字からも、

全都道府県約3割

専門的な相談窓口の必要性を感じており、

態勢の拡充が今後の課題として

浮かび上がっているのも現状だ

今後、ストーカー被害者

一時保護
相談が増えた場合

婦人相談所など既存の体制で

対応できるかの質問に対しては、

27自治体が「対応できる」

11自治体が「対応は難しい」と回答しており、

対応困難な理由としては、

「人員・ノウハウ不足(奈良)」

「DVの保護が増え、余地が少ない(福島)」などで

「男性被害者の保護は対応できない(滋賀)」との

声もあったという

また、ストーカー専門相談支援窓口の設置については、

14自治体が「必要性を感じる」

12自治体が「感じない」と回答しており、

必要と感じる理由としては

「被害者は精神的にも深い傷を負い、

専門的な相談支援が必要(栃木)」


「加害者が極端な行動を取って

命が脅かされる可能性が高く、

婦人保護事業では限界がある(福岡)」などだった

「改正ストーカー規制法」施行後も

増加傾向にあるストーカー犯罪や、

なかなか表面化してこないDV被害

全ての対応を行うには、

やはり各種専門の相談支援窓口が必要ではないだろうか

~ストーカー被害にお困りなら~

~ドメスティックバイオレンス被害にお困りなら~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

浮気調査6,000円からのラブ探偵事務所

各種調査のご相談はラブ探偵事務所へ

電話で24時間無料相談 0120-783-132

メールで24時間無料相談

ラブ探偵事務所公式サイト

ラブ探偵事務所公式LINE@

ラブ探偵事務所公式LINE@友だち追加数

あなたのポチッとが励みになります!

あなたのポチッとが励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ探偵・調査 ブログランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

千葉県松戸市の「ラブ探偵事務所」は探偵業界最安値の調査料金で依頼できます。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所は各種調査が業界最安値

千葉県公安委員会 第44110075号

千葉県松戸市の「ラブ探偵事務所」は探偵業界最安値の調査料金で依頼できます。

ラブ探偵事務所無料相談室

ラブ探偵事務所無料相談フォーム

シェアしてくれると嬉しいです!

フォローお待ちしてます!