ラブ探偵事務所 Official Site

PC遠隔操作事件の被告、1982年度生まれを意識

あなたのポチッとが励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

2014年5月22日、

パソコン遠隔操作事件の公判が、

東京地裁(大野勝則裁判長)で行われ、

無実の訴えを翻していた

元IT関連会社社員のK被告は、

起訴内容について「全部事実です」

事件への関与を認めた

また、

「すべての人を裏切った。

本当に申し訳ありません」と謝罪している

主任弁護人を務めてきた弁護士は、

同公判後の会見で

「彼はうその天才だ」と涙ぐみながら、

同被告の二面性を明かした

この無罪主張の撤回で審理の前提が覆り、

公判は事実上振り出しに戻ったと言える

尚、同被告は、

1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」

2000年の「西鉄バスジャック事件」

2008年の「秋葉原通り魔事件」など

過去の凶悪犯罪の犯人が、

自分と同じ1982年度生まれであることを

以前から意識していたという