盗聴器・盗撮器発見一覧

盗聴器・盗撮器発見関連の記事をラブ探偵事務所がご紹介します。

盗聴行為の種類

ひと昔前の悪質な「盗聴」といえば、対象となる人物の住む自宅や会社などでの会話を盗み聴くために、会話する可能性が高い場所へ直接「盗聴機器」を仕掛けるという「電波式盗聴」が主流でした。千葉県松戸市の「ラブ探偵事務所」が、「盗聴行為の種類」について解説します。

京都府警、盗撮靴の購入者を戸別訪問

小型CCDカメラを仕込んだ靴(通称:靴カメ)をインターネットで販売していた神奈川県大和市の通信販売会社経営者(26)=罰金50万円の略式命令=と、従業員の2人が盗撮行為を手助けしたとして2014年7月1日に摘発された問題で、京都府警が、先月中旬からインターネットで購入した京都府内の顧客42人の戸別訪問を行い、「靴カメ」の任意提出を求めていることが分かった。

京都府、靴にカメラ仕込み販売で逮捕

2014年7月1日、京都府警生活安全対策課と中京署は、「小型カメラを仕込んだ盗撮用のスニーカー」を販売したとして、神奈川県大和市のインターネット通販会社「エダトレーディング」社長、N容疑者(25)、東京都国分寺市の女性従業員、S容疑者(24)を同府迷惑行為防止条例違反(盗撮ほう助)などの容疑で逮捕した。